千葉県・南房総・館山 海辺の小さなお宿 まるへい民宿

まるへい大漁記

こんなハズでは…(T_T  を無くしたい!|その② 宿概要編

◆◆ご用命(ご予約)前に必ずお読みください!◆◆


<前編|その① 「ご挨拶編」は下記URLをご参照ください>
https://www.maruhei.jp/news/archives/3080


【こんなハズでは…(T_T を無くしたい!|その② 宿概要編】



「民宿」 と聞いて、やはり気になるのは施設とサービス面だと思います。
ここでは、大雑把に宿の雰囲気と特筆すべき内容をピックアップしてお伝えします。多分、その方が「利用する・しない」の判断もつきやすい と思うので。(^^


これを読んでいただいた上で、当館に興味をもっていただいたお客様については、オフィシャルサイトで 詳細案内を再度ご確認 いただき、ご用命いただけますと幸い です♪


まずは、施設の雰囲気のご案内です。当館の外観は正直「古い」です。見た目は、瓦屋根が映える 「昭和の一般木造住宅(2階建)」 と言った所でしょうか。


「どこか懐かしさを感じる家」そんな感じ方 をしてくださるお客様もいるようですが(^^;


言ってしまえば「普通の民家(昭和の一般木造住宅)をリノベーションした施設」です。ご宿泊・ご利用にあたっては、外観の見栄えはご容赦下さい。到着して見た目(外観)でガッカリされるお客様は結構いますので(笑)


容赦なく無意識に「うゎ~、古」っと、口に出しちゃってるお客様もチラホラお見受けします。(^^;


とりわけ、若いカップルさん旅行や、記念日旅行などでご利用のお客様は、外観でガッカリされるのを経営者として肌身で感じております。なので、宿の責務として、先にこの旨の「断り書き」だけは重ねて記載しておきます。


「外観の見栄え」についてはご容赦ください!


幾千万円ともかかる外観のハード面のテコ入れは、おいそれと、改修できないのが実情です。館内は近年リニューアル済で、新しめの見栄えにはなっておりますが、無論、新築の宿泊施設様とくらべると劣ります。


客室 は小ぢんまりした「6畳間(風呂共用・トイレ共用)」 × 6室です。狭さはご寛容の程を!狭いですが、客室は完全なる個室仕様です。客室の戸も、ちゃんと内外から鍵が掛けられます。
※民宿あるあるの「隣の人とフスマで仕切り」とかではありません。


だけど、トイレと風呂は客室内に無いので共用となります。この部分は、民宿あるあるですね。(^^;


個室仕様について補足をしておきます!いちお、防音壁は施工してありますが、やはり木造建築の構造上、完全防音とはいかず正直なところ、音には弱いです。


他の人の声や、生活音が気になる人もいると思うので、音に弱い側面がある旨は、包み隠さずお伝えしておきます。

客室内の設備 としては、テレビ、エアコン、持込用の空冷蔵庫、電気ケトル、サーキュレーター、ドライヤーなど、室内に完備しています。あと、インターネット接続環境(無料)も完備しています。有線LAN接続も、無線(Wi-Fi)接続も、どっちもOKです!


こんなことを言うと お叱り を受けてしまうかもしれませんが・・・民宿としては、ビジネスホテル並みに設備は充実している方だと思っています。


あと、客室からのロケーションについて。残念なことに海に近いのですが、客室からの眺望はありません。オーシャンビューを期待してお越しになるお客様がいますが、当館は立地上、客室からの眺望は一切ないものとしてお考えください。綺麗な海景色は、当館から徒歩1分の館山港でお楽しみ頂ければと思います。


風呂 は家庭用サイズの風呂が2カ所。どちらも「開放時間内 (当日 15:00~22:00/翌朝7:00~9:00)」で「空いている時」に自由に貸切利用(貸切無料)ができます。


予約制ではありません。2ヶ所ともに、当館の名物湯「光明石温泉薬湯 まるノ湯(人工温泉)」 です。
※生薬成分によりお湯が茶褐色になっています。


天然鉱石の中でイオン化作用が強いとされる、厚生労働省承認の薬石「光明石(医薬部外品)」を泉源体とした温泉(人工温泉の泉質)に、リラックス効果が期待できる「トウキ・シャクヤク・チンピ」他、7種の生薬由来成分を溶かした「温泉薬湯」となっています。


家庭用の小さな風呂ですが【温泉】の効能と【生薬】の香りで、癒しのヒトトキをお楽しみください。


尚、翌朝利用はシャワーのみ。湯船は沸かしていない為、ご利用いただけませんので悪しからず。


やはり旅の醍醐味といえば「大浴場&露天風呂」なのですが、残念ながら当館には 大浴場&露天風呂はございません。


当館にはございませんが、当館から車8分に「南総城山温泉 里見の湯」がございます。大浴場&露天風呂をご希望のお客様はいかがでしょうか?


当館のフロントにて、お得な「前売り券」を取り扱っています♪里見の湯へ行かれる際は、ぜひ、ご活用ください!

続いて、サービス面のご案内!当館は「専属の仲居・コンシェルジュ」がつくような「ハイクラス系」の宿泊施設とは全く、異なります!


お茶出し(ウェルカムドリンク含む)、布団の上げ敷き、食事時のお声掛け、豊富なアメニティの提供、などなどそのようなサービス(余計な世話やき)は 致しません!

アメニティに関しては、タオル類も寝間着も料金に含んでいません。
必要に応じてフロントでお求め(有料)いただくようにお願いしています。よって、客室に「タオル類も寝間着、他」のアメニティ類は 予め用意しておりません。


ご滞在中は、当館のルールを遵守頂き、後は基本的にお客様のペース(セルフスタイル)にお任せしております。あれこれセルフにてご協力いただく分、リーズナブルな料金設定でご案内するよう心掛けております。


当館にハイクラス系と同等のサービス・クオリティを求める行為はご遠慮ください。フルサービス(サービス重視)をご希望のお客様は、絶対に当館をご利用いただきませんようお願いいたします。


ハイクラス系の宿泊施設とは「コンセプト」が全く異なります。ご利用にあたって、自分がどのような宿泊施設を利用するのか、その点を十分に把握した上で、ご利用いただきますようお願い致します。


もはや、この時点(セルフスタイル主体と、この案内ブログ(記事内容))でご不満を感じるようでしたら、当館のご利用は絶対にオススメ致しません!至れり尽くせり系を「売り」としている宿泊施設(例えば観光向けに特化している旅館やホテル)のご利用を強くオススメします! d(´・ω・`*)


もっぱら民宿のサービスと申し上げれば、地元の者が誠意をもって温かくお迎えする志 と、丹精込めて拵えた手料理(つくりたて)でオモテナシする事と心得ております。それは、土臭い香りがする「心」を込めた歓迎であり、豪華で煌びやかな歓迎とは、また別のモノです。


よって、ハード面(施設)・ソフト面(サービス)共に、リゾートホテルや高級旅館 をモノサシ とした、過度なご期待はご容赦ください。


「思い出づくりをお手伝い」これは、当館のキャッチフレーズです。当館では「宿泊」に+α して、、、


◎潮の香りを感じながら海岸線を散歩する
◎宿に到着後、水平線に沈む夕日を眺めに行く
◎海でボ~ッと釣り糸をたれる
◎気取らない海田舎の料理を味わう
◎地元の者(Ex.当館スタッフ)とたわいも無い話をする


など、自然豊かな館山の楽しみ方や、地の利を活かした体験を提案し、海田舎ならではのユッタリとした時間を過ごして頂きたく思います。


「自然・食・文化・遊び」 を通じて、館山の魅力やロハスなライフスタイル を多くのお客様に感じて頂ければ幸いです。そして思い出をたくさん創って帰路について欲しい と切に願っております。


さらなる詳細は、当館のオフィシャルHPをご覧の上、ご不明点はお気軽にお電話・メールにてお問い合わせください♪皆様からのご用命を、心よりお待ち申し上げます!


■海辺の小さなお宿 まるへい民宿
TEL:0470-22-2803
https://www.maruhei.jp